最新のプリクラがすごすぎて、サギで済むレベルじゃないww
プリクラの性能が上がり過ぎて、恐怖。
topアイコン
プリクラで流行ったポーズアイコン
プリクラの楽しさアイコン
最新のプリクラの機能アイコン
プリクラで盛る!アイコン
プリクラと現実のギャップアイコン

プリクラの歴史

プリクラは今では若い人たちの間ではすっかり馴染みのある機械です。

プリクラにも歴史があり、95年にプリント倶楽部というプリクラ機器が開発されたことから現在の機械へ発展していくことになります。

同様の機能を持つ他社製品も含めて俗にプリクラと呼ばれるようになります。

トーワジャパン製のストリートスナップによるスナップショットを用いた技術の発展で身体全身を写すことが可能となり、これが後の証明写真撮影機になります。

2000年代から多種多様な機種が数多くゲームセンターなどに出店設置されるようになり、撮影したプリクラを赤外線通信やメール転送を用いて携帯電話やスマートフォンに画像を送信することが当たり前のようになっていきます。

現代の最新機種では顔や身体の輪郭を細く見せたり、肌や髪の色の色彩バランスを細く繊細に調整してから撮影することが可能となっています。

業界側では新機種を開発するまで少なくとも6ヶ月以上かかってしまうこともある中、2ヶ月ぐらいのサイクルで新機種を新台入れ替えされるというサイクルなので、馴染んでいる中高生の顧客の間では機種が変わるのが早すぎて前まで気に入っていた機種がもうなくなってしまうというサイクルの早さに不満を持つファンも多いです。

顔や身体の輪郭を細くする技術が発展しすぎて不自然に見えてしまうなど技術の発展による問題点なども多く、90年代の歴史と比べると歴史は浅いかもしれませんが、短い期間でここまで発展を遂げることは素晴らしい日本の技術です。

最新おすすめ

ミュゼ 横浜

 

Copyright ©2015 プリクラの性能が上がり過ぎて、恐怖。 Allright Reserved.